お尻も十分なケアが必要

お尻二キビを治していくためには、普段通りにお尻のケア、洗浄を行って清潔にしていくということが大切なのですが、その際には1つ気をつけないといけないことがあり、これを徹底しないと治療は不可能です。

 

それは頭を洗う際のシャンプーやコンディショナー等のすすぎ不足についてです。

 

当然、お風呂場では身体のみではなく、頭も洗っていくのでシャンプーやコンディショナー、あとはトリートメント等を使用すると思います。

 

そのときに自分ではしっかりとすすいだつもりが、実は十分にすすげていない場合があるのです。

 

頭を洗っているので、当然頭については十分にすすぐための注意が働いていると思いますけど、実は頭ばかりに注意がいってしまっていると、別の部分については注意が向きづらいということになります。

 

実は頭を洗っているときに、シャンプー等の液体が身体を伝って、どんどん下に流れていってしまうことがよくあるのです。

 

その場合、自分でも気付かないうちに首、背中を通って、お尻まで行ってしまい、結果、背中二キビ、お尻二キビを発生させている原因にもなります。

 

頭は十分に注意を払ってすすいでいても、どうしてもそれ以外の部分に液体が垂れていた場合に注意が向かないのですから、それを放置したままでは、ニキビは治療できずに、むしろ増えていく可能性すらあるのです。

 

したがって、お尻二キビを治す際にはまず頭を先に洗って、その後に身体を洗うようにすると、仮にシャンプー等が垂れれいたのに気付かなくても、お尻も含めて身体全体を改めて、十分にすすぎますから、すすぎ残しは限りなくなくなります。

 

普段、皆さんがどちらを先に洗っているのか?

 

分かりませんが、お尻二キビを治していくためには、その原因を根絶していく必要がありますから、お尻二キビで悩んでいる方は勿論、そうじゃない方も頭を先に洗って、最後に身体を洗うようにすると、肌荒れのない身体、ニキビのできないきれいな肌に近づくことができるのではないかと思います。