お尻ニキビも顔ニキビも出来るメカニズムは同じ

ニキビができてしまうのは顔だけじゃないのです。顔にできやすいというのは間違いありません。
ただ、ニキビは意外な場所にもできやすく、できてしまった場所によっては、非常に厄介なことにもなりかねないのです。

 

例えば、お尻に二キビができたらどうでしょうか?

 

お尻って二キビじゃなくても出来物が発生しやすい場所ですよね。
そんなお尻に二キビができたら、当然椅子に座るときなどに痛みを感じるときもあるはずです。

 

そう、お尻にできる二キビというのは、日常生活でも支障をきたすくらいに困った存在ですから、その原因を知って予防をしていきましょう。

 

お尻にニキビができる原因としては、基本的には顔にできる二キビと大差ありません。

 

お尻の二キビの発生原因としては、皮脂が毛穴に詰まってしまいアクネ菌を繁殖させてしまうことが大きいです。

 

お尻って、あまりべとべとしている感じはしないですよね?手で触ってみても皮脂が分泌されている感覚はないと思います。
でも、お尻というのは、身体の中でも特に皮脂の分泌が盛んな部位になります。

 

また、自分のお尻のある部分を触ってほしいと思うのですが、一部硬くなっている、ザラザラしている部分があるのではないでしょうか?
乾燥している状態に近いような、明らかに他の部分とは触った感覚が違う箇所があるはずです。

 

そこは普段、椅子に座っているときに椅子の底とお尻が接している部分で、体重がお尻にかかりますから、どうしても硬くなってしまうのです。

 

これの何が問題なのか?というと、皮膚が硬くなる=角質が硬くなると、それだけ二キビの原因のアクネ菌の繁殖のための温床になってしまい、結果的に二キビができやすく、または増えてしまうために、お尻が硬くなってしまうことがお尻二キビ原因の1つに数えられるのです。

 

これらの原因は、日常的にちょっと改善が難しいところもあるのですが、皮脂が多く分泌されるということについていえば、水やぬるま湯で構わないと思うので、こまめに皮脂をとっていけるようにしていけると良いと思います。

 

ただ、過剰に取りすぎると、余計に分泌されてくる可能性もありますから、適度にやるようにしてください。